トップ > 広報写真館 > 「なつおとめ」規格統一図る

「なつおとめ」規格統一図る

sample  塩谷南那須地方夏秋どりいちご研究会は5月30日に、JAなす南本店で29年産イチゴ「なつおとめ」の出荷目ぞろえ会を開きました。JAしおのやとなす南の生産者や関係者たち12人が参加して、市場関係者と出荷規格の統一を図りました。本格出荷は6月中旬から始まります。
 「なつおとめ」は、栃木県が育成した夏秋どりの品種です。6月から11月に収穫でき、ケーキなど加工用に需要があります。果実は鮮赤色の円すい形で、光沢がよく外観品質が優れ、果心も淡赤色に染まり、断面も見栄えするイチゴです。

▲過去の記事へ